プロフィール

英語学習ロードマップ

こんにちは。上田哲也 (@English09040) です。

こちらでは、僕自身のこれまでの「英語学習歴」や「仕事との向き合い方」についてお話ししています。

○経歴:立教大学 →バンクーバー留学(1年間)→鉄鋼商社→フリーランス

○お仕事:企業研修|オリンピックボランティア育成研修|神奈川県 外国人観光案内ボランティア研修|IELTS専門学校 PlusOnePoint|DMM英会話 なんてuknow? 回答者

○資格:TOEIC990点|英検1級|国連英検特A級|IELTS8.0

○著書:『時短省力私の英語勉強法』(明日香出版)

このサイトでは、英語力を効果的に伸ばすための知識を、個人の経験則だけではなく、できる限り第二言語習得論をはじめとしたデータに基づいて発信しています。

そのような情報を、できるだけわかりやすく、そして実践可能な形でお伝えすることで、海外にチャレンジする方たちの役に立てたら幸いです。

英語が大の苦手だった学生時代

 

僕は今でこそ英語学習をサポートさせていただいていますが、ほんの10年くらい前までは英語が本当に苦手でした。

私立の中高大一貫校に入り、英語を全く勉強しないまま大学生になってしまった僕は、大学での英語のクラスは一番下から2番目に振り分けられました。

その英語のクラスは「education(教育)の意味を分かる人は?」と聞かれて、手を挙げたのは30人中2人くらいのレベル感です。

突然思い立ったカナダ留学

 

2011年1月頃、そんな英語と無縁だった20歳の僕が、海外志向の親友たちに憧れて、カナダに1年間留学に行くことを決意しました。

英語力ゼロでいきなり留学というだけでもかなり無茶だったのですが、よりによって「日本で英語が話せるようになってからカナダに行く」と意気込んでいました。

でも、「世界中の人と直接自分の言葉で話したい」と思っていた僕にとって、それは本気の決断でした。

学習開始当初の目標は、留学までにTOEIC600点をとること。

とは言ったものの、当時の僕は、TOEICの問題を一つたりとも理解して解くことはできず、全部適当にマークシートを塗りつぶすことしかできませんでした。

 

最初は全く何をしていいのかもわからないため、とにかく何でもやりました。

必死に勉強し続けているうちに、気がつけば当初のTOEIC600点という目標は3ヶ月で達成し、留学までに目標を大きく超えるTOEIC825点を取ることができました。

鉄鋼商社に入社

 

大学を卒業後、新卒として2014年に鉄鋼商社に入社。2年間の財務部を経て、4年間にわたり海外市場の営業を担当していました。

その一方で、自分の経験を通して、海外にチャレンジする人たちの力になりたいという想いから、神奈川県主催の外国人観光案内ボランティア、オリンピック都市ボランティア育成、外資系企業などの法人研修の講師、DMM英会話のQ&Aサービス「なんてuknow?」の回答者などの活動をしてきました。

そして2019年には『時短省力 私の英語勉強法』(明日香出版社)も出版させていただいています。

現在・そしてこれから

 

そして2020年になったタイミングで勤めていた会社を退職し、今はフリーランスとして英語と関わる仕事をさせていただいております。

また英語の資格では、TOEIC990点、英検1級、国連英検特A級、IELTS8.0を取得するに至りました。

それでも、まだまだ勉強の日々です。今でも「もっと知りたい」「もっといろんな人と話がしたい」という気持ちが原動力となり、毎日今でも英語を学んでいます。

 

僕はもしかしたら、英語の指南役としては十分な英語力を持ってはいないかもしれません。

英語でわからないことは毎日数えきれないほどありますし、自分がまだたくさん勉強しなきゃならないことは、自分自身が一番よく自覚しているつもりです。

ですが、もし僕の経験が皆さんのお役に立てるとしたら、それ以上に嬉しいことはありません。