【英語学習の効果を最大化する】英語でアウトプットすることの3つのメリット

公開日:2021.05.30

英語学習においてアウトプットの練習はとてもエネルギーがいりますので、どうしても疎かになってしまいがちです。しかし、英語力をアップする上で英語をアウトプットするトレーニングの効果は計り知れません。

今回はそんな「英語でアウトプットする」トレーニングのメリットを3つ(それに伴う落とし穴も!)ご紹介していきたいと思います。

メリット①:英文を構築する練習ができる

英語をアウトプットするメリットは、何より「英語を作る」練習ができることです。

アウトプットとは、自分の頭の中のアイディアを、知っている文法や表現をフル動員しながら英文を構築していくプロセスです。もちろん、初めて作る英語はうまく作れなくて当然です。でもそれを繰り返すことで、次第によりスムーズに英語を発することができるようになります。

英語を実際に使う場面では、辞書などを使えるとは限りません。ですので、日頃からアウトプットする練習を繰り返し、英語を出力する回路をしっかり鍛えておく必要があります。

ただし、不自然な表現が定着しないように注意する必要があります。

英語と日本語は全く異なる言語ですので、ただ文法に単語を当てはめて作った表現は不自然になりますし、理解できないこともあります。ですので、自分が捻り出した英語が正しいかどうかわからないまま、それらを定着させないようにしましょう。

もちろん、英語学習を継続していくうちに、自力で自然な文章も作れるようになります。でも最初のうちは、アウトプットするのはあくまで英語を作る練習であって、自然な表現の習得はそれとは別に取り組むと割り切っておくのがお勧めです。(具体的な方法は「メリット③」でお話します)

メリット②:自分に必要な表現がわかる

英語を話したり書いたりしていると「この日本語って英語で何て言うんだろう…」と表現したいのに表現できないアイディアがたくさんあることに気づきます。

そんなアウトプットしたいのにうまくできない英語こそが、自分にとって必要な英語です。

そうやって自分が必要なものに気づくことさえできれば、あとはそれらにターゲットを絞ることで、自分が本当に必要な表現力をどんどん増やしていくことができます。

ちなみに、英語学習で陥りやすいトラップは「自分に必要ないものを学んでしまうこと」です。(例えば「映画」を理解できるようになりたいのに、TOEICでビジネス英語ばかり学ぶなど)

だからこそ「自分にとって」必要なものを見極めた上で、取り組む英語を見定める必要があります。

メリット③:自然な表現が学べる

英語をアウトプットするトレーニングは、うまく工夫すれば自然な表現を身につける絶好のチャンスになります。

ただやみくもに英語を話したり書いたりするだけでは自然な表現は身につきませんが、アウトプットを練習するプロセスで少し工夫をするだけで自然な(しかも自分にとって最も必要な)英語表現を習得することができます。

ここから、どうやってアウトプットをしながら自然な英語をものにしていくか、そのやり方を3つ(それぞれの注意点も含めて)ご紹介していきます。

辞書を使う

これは王道ですが、まずは辞書を使うことです。

その際に、できるだけたくさんの例文を参照するようにしてください。

日本語と英語は全く異なる言語ですので、単語単位での置き換えは原則できません。そのため、例文をそのまま使うか、例文の単語を少し変えてアウトプットに組み込むことをお勧めします。

また、初見の単語を使うこともできれば避けるようにしましょう。辞書で引いて初めて見た単語を、日本語の意味だけを頼りに使ってしまうと、ニュアンスが違ったり、場合によっては全く意味が伝わらなくなってしまうことがあります。

ですので「あっ、この単語使えば良かったのか!」と思い出すためのツールとして辞書を使い、自分が自信を持って使える範囲の英語で表現するときれいなアウトプットができるようになります。

関連記事を読む

個人的な体験談などではなく、社会的な話(例えば”政治”や”環境問題”など)を表現する練習をするのであれば、ネット上の記事にいくつか目を通してからアウトプットの練習をしてみてください。

辞書を引くとなると単語単位で調べる必要がありますが、記事を読んでいると自分にとって必要な表現がリアルな例文の中で発見できます。

また辞書で良い単語を見つけても「本当に使われているのかな」と感じることもあるかもしれませんが、ネット上の記事で見つけた表現であれば確実に使われているという保証つきです。

ネイティブに質問する

最後になりますが、ネイティブに「これって何て言うの?」と聞いて、教えてもらった表現をアウトプットの練習に活かしていく方法です。(あるいは添削サービスを利用するのもありです)

ただしその場合、自分の考えをつたなくても正確に伝えなければならないので、多少の英語力が必要になるかもしれません。

その場でぱっと英語で質問ができれば完璧ですが、もし自信が無い場合にはこんな方法を試してみるといいかもしれません。

・あらかじめ英語で(もっとうまく)表現したい内容を書き留めてネイティブとシェアする。
→「あなたならこの文章の内容をどう英語で表現しますか?」と質問する。

・あらかじめ英語で表現したい写真や動画をシェアする。
→「あなたならこの写真or動画をどう英語で表現しますか?」と質問する。

そんな風にしてネイティブに教えてもらった表現は、自信を持って自分のアウトプットに組み込んでいきましょう。

まとめ

以上、英語をアウトプットすることのメリットとその注意点をお話しさせていただきました。

アウトプットは負荷こそ高いものの、うまく使いこなせば、アウトプットの回路が鍛えられ、必要な英語に絞った効果的な学習を可能にし、自然な表現を身につける絶好の機会にもなります。

このように、アウトプットは効果抜群のトレーニングですので、是非みなさんも日々の学習に取り込んでみてください!