正確なリーディングのための4つのルール②

前回の記事はこちら。
>>正確なリーディングのための4つのルール①

 

②前からどんどん読んでいく

 

英語は、後から後から必要な情報を伝えてくれる言葉です。英語を読み進めていて、最初は漠然としていて「あれっ」と思ったとしても、後からちゃんと説明してくれる、そんな言葉です。

だから、漠然としたイメージの解像度を、徐々に上げていくような気持ちで、前から順々に英語を読んでみてください。一つひとつ、前から日本語に訳していく必要はありません。

 

具体的にどういうことか、3つの例文を通して見ていきたいと思います。

 

1) This is something he’s got to do himself.

This is something…
これは something なんです
→something が何かと言うと?

He’s got to do himself…
彼自身がやらなければならないこと

 

2) I often find myself that I take it for granted that I can take a shower anytime I want.

I often find myself that…
私はよく自分がそうしていることに気づく
→何に気づくかというと?

I take it for granted…
私はそれを当然だと捉えている
→何を当然だと捉えているかというと?

I can take a shower
私がシャワーを浴びられること
→もっと具体的には?

anytime I want
いつでも私が好きなときに

 

3) It is natural for us to pay attention to human rights issues of that country.

It is natural…
それはごく自然なことである
→誰にとって?何が?

for us to pay attention…
私たちにとって、注意を払うことが
→何に注意を払う?

to human rights issues of that country.
その国の人権問題に

 

英語は、後ろからどんどん継ぎ足していく言語。だから、「仮に継ぎ足さずに途中で切ったとしても、ちゃんと意味が通る完結した英文になる」ことにも、ぜひ注意しながら読んでみてください。

 

③スラッシュで区切った中身の意味は変えない

 

リーディングの練習方法の一つに、スラッシュリーディングというものがあります。(英文を読むときに、意味のカタマリごとにスラッシュを入れていく読み方です)

※この読み方の根底にある考え方は、先ほどの「英文は前からどんどん読み進めていく」というものです。

 

ただ、このスラッシュリーディングで気をつけるべきは、スラッシュで区切った中身の意味を変えない、ということです。

原則として、英文をスラッシュで区切ったら、そのカタマリはそのカタマリで完結させます。そのスラッシュで区切られた英文の意味が、スラッシュの外に飛び出さないようにしてほしいのです。

 

■実際にその例を見てみましょう

One of the top priorities / of learners of English around the world / is to improve their fluency, / by which they usually mean / how quickly and “smoothly” they can speak the language, / including avoiding pauses.

・最も重要なことの一つは…
・世界中の英語学習者にとって…
・流暢性を高めることである…

 

これらの意味の意味のかたまりは、そのまま維持しなくてはいけません。これがスラッシュを飛び越えて意味がこぼれ出てしますと、こうなります。

①英語学習において最も大事なことは…
②世界中の流暢性を高めることである…

多少意味がスラッシュの外に飛び出して、内容がごっちゃになっても、①のように意味が通じる時もあります。でも、②のような解釈になったらどうでしょう。もう何がなんだかわからなくなってしまいますよね。

 

■スラッシュの中身は、すでに完成したひとつのブロック

英語のチャンクごとにスラッシュを入れたら、そのスラッシュの中身の意味を変えてはダメ。

スラッシュの中身は、すでに完成した一つのブロック。そのブロックを崩さないように積み重ねながら、英文は組み立てられていることを意識してみてください。

 

■おすすめのテキスト

僕が最近気になっているのは「速読速聴英単語 Core 1900」です。このテキストは、長文で覚えるというコンセプトの単語帳なのですが、僕はこれを予めスラッシュが入った読み物としてお勧めします。

スラッシュリーディングのための教材もいくつかあります。ですので、興味がある方は、ちょっと大きな書店に行くと見つけられるかもしれません。

 

④イメージ、そして日本語へ

 

和訳とは、いきなり「英語→日本語」と言語を変えることではありません。和訳とは、英語をまずはイメージとして取り込み、そのイメージを日本語で描写する、そいういう感覚で行われるものです。

そうすることで、英語と日本語を1対1で対応させた不自然な和訳ではなく、自然な日本語で和訳をすることができるようになります。

このことについては、こちらに詳しく書いてあるので、興味がある方は読んでみてください。

 

■試験問題を解く時の注意

ただし、和訳問題を解く場合は、意訳しすぎず、必ず英文と日本語のカバーする内容がちゃんと一致する必要があるかもしれません。

なぜなら、「試験問題」という性質上、「ざっくりとした内容があっているか」ということに加え、「それぞれの単語の意味や働きを理解している」ということも採点する側に伝えておいた方が、確実に加点されると考えられるからです。