イメージを中心に捉えれば、英語を英語のまま理解できる

 「英語を英語のまま理解する」ってどういうことでしょう?

 英語を理解しようとするとき、私たちは、まずは英語を日本語に置き換えたくなるものです。また、英語を話す時、まず日本語で文章を作ってから、それを英語に直そうとするのも、よくある話です。


large_6197099331
 

 私たちのこのような行動は何故起きるのか?

 それは「英語を英語のまま理解していない」からです。もう少しわかりにくく言うなら、「言語と言語を繋ごうとしている」から、ということになります。

 少し難しい言い方になってしまいましたが、この考え方はすごく大切なので、図を使いながら説明していきます。


スクリーンショット 2014-08-24 13.52.39
 

 英語を英語のまま理解できる人は、常に言葉の「基点」が「イメージ」です。だから、言語と言語を直接は繋ごうとしません。その間にかならず「イメージ」が入り込むからです。

 イメージを基点にしている人は、英語を読んだり聞いたりすれば、それがイメージとして頭に飛び込んできます。イメージを基点としている人は、英語を話そうとすれば、頭の中のイメージを英語で表現していきます。

 ところが、イメージを基点にできていない人は、英語を読んだり聞いたりすれば、それを直接日本語に直そうとします。また、英語を話そうとすれば、まずは日本語で作文し、それを一言一句、英語と対応させようと悪戦苦闘してしまうのです。

 

訳せるから読めたんじゃない。読めるから訳すこともできる。

 


large_14813000931
 

 かつて受験の神様と呼ばれた伊藤先生という方が、「訳せたから読めたんじゃない。読めてるから、必要な場合には訳せるんだ」と言っていました。私も全くその通りだと思っています。

 

 イメージが言語の基点にある人は、英語を読んだり聞いたりしたときに、まずイメージが頭に思い浮かびます。Thank you.と言われて、「あ、お礼を言われた」って感じる、あの感覚です。このような場合、英語は日本語に直される前に、感覚として入ってきます。あの感覚の延長線上に、どんな難解な長文も、英語のままイメージとして理解するという感覚が存在するのです。

 そして、英語をイメージとして理解できた人は、そのイメージを日本語という言語で再構成、つまり「和訳」することができます。この感覚は、言語と言語を直接繋ぐものではない、ということに注意してください。

 つまり、よく学校英語でやっているような「和訳ができたら読めていると見なす」というのは根本的に順番が逆で、本来であれば、読めた次のステップとして和訳があるべきなのです。

 

日本語を訳さない。イメージを描写する。

 

 私は英語のスピーキングの指導をするときは必ず、「日本語を英語に訳さないで、イメージを英語で描写してください」と伝えます。

 

 例えば以下の、文章を英訳するとします。

「人にはそれぞれ、自分に合った勉強法があります。そして、言語に関しては、その傾向が尚のこと顕著に現れます」

 

 イメージを基点に出来ていない人は、それぞれの日本語に対応する英単語を探すことから始めます。なぜなら、言語と言語を繋げようとして、その間にあるはずのイメージをすっ飛ばしてしまっているからです。

人=people
それぞれ=respectively
合った=suit
勉強=study
方法=method

 …とこんな具合に単語を調べて繋げて、それで英文を作ることも確かにできます。できますが、自然な英文ではありませんし。何より柔軟性に欠けます。


Think
 

 もし、日本語を読んでまずイメージをとらえ、それからそのイメージを英語で描写できる人なら、例えば次のように英訳することができます。

Everyone learns differently, especially when it comes to languages. 

 どうでしょうか?この英文では、元の日本語と対応しているはあまりありませんし、何よりずっと少ない単語数で簡潔に表現されています。

 

 日本語を英語に訳す人は、1パターンの訳しかできません。なぜなら、日本語と英語を1対1で対応させているからです。

 でも、日本語をイメージとして捉え、それを英語で描写できる人は、限りなく無限に近い言い回しでそれを表現することができます。

 大人同士で話すとき、子供に向かって話すとき、プレゼンをするとき。それぞれの場面で同じことを話すにしても、使う言葉の難易度や、言葉数は絶対に同じではないはずです。


large_6424464061
 

 この「イメージを描写する」という感覚がうまく掴めない人は、日本語を話すときを考えてもらえればわかりやすいかもしれません。

 例えば昨日映画を見たとして、そのストーリーを友達に伝えるとします。そのとき、登場人物の台詞を一言一句違わず羅列し始める人はいません。必ず、昨日見た映画のイメージを頼りに、それを日本語で描写しようとするはずです。

 台詞をまんま伝えようとするのが、言語と言語を繋ぐ感覚、映画全体のイメージを伝えようとするのが、イメージを言語で表現する感覚です。

 是非イメージを基点とした、英語のアウトプットというものを意識してみてください。