英単語はいくつ覚えればいいのか?(2)

公開日:2013.08.18
短期集中コース開催のお知らせ

 さて、ここまでは「英単語はいくつ覚えればいいのか?」という問いに向かい合うまでの準備段階にあたる話をしてきました。

 この心構えの部分がしっかりしていないと、いくつ単語を覚えるかみたいなことを知ったところで、全く英語学習には活きてきません。まだ「英単語はいくつ覚えればいいのか?(1)」を読まれていない方は、必ずそちらからお読みください。

 

 さて、ここから本題に入ります。まずは、一般的に言われる単語のレベルを棒グラフにして見てみましょう。繰り返しますが、ここに出てくる単語の個数は決して正確な数値ではありません。あくまで、英語学習の目安程度に捉えておいてください。


スクリーンショット 2014-08-15 23.26.24
 

 こうみると、上級者になればなるほど、覚えるべき単語数のカーブは急になることがわかります。特に英検1級に到達するまでに要する学習時間は、並大抵のものではありません。

 ちなみに私の場合、単語力を5000から17000に上げる際、1日5時間の暗記を約半年続けました。ある程度の語彙数を身につけようと思えば、それくらいの時間がかかるんだという目安にしてください。

 

 さてここからは、それぞれのレベルの単語を覚えると、どれくらいの英語力がつくのかを説明していきます。

 これは、あくまで一般的に言われている語彙数を基準に、私の経験を当てはめたものです。同じ語彙数を持っていても、当然のように英語力には個人差はあります。

 

①英検1級レベル【約1万〜1万5000語】

 

 英検1級レベルの語彙が身に付くと、英字新聞などはほぼ辞書無しで読めるようになります。仮に知らない単語に出会っても、辞書で引けば「ああ見たことある」くらいの単語力にはなっているはずです。

 しかし、これで洋画なども理解できるようにはなりません。たしかに理解できる語彙は圧倒的に増えますが、それでも洋画を十分な理解度で楽しむにはほど遠いでしょう。ちなみに、ディズニーなどの子供向けの映画であればけっこういけます。

 

 よく「英検1級の語彙はネイティブも使わない」という人がいますが、私はそれは正しいとは思いません。実際、ネイティブと話していても、英字新聞を読んだりニュースを聞いていても、英検1級程度の語彙は当たり前のように出てきます。というより「英検1級じゃ全然足りない!」というのが正直な気持ちです。

 実際にネイティブがそれらの単語を使っているかどうかは、覚えてみて初めてわかるものです。

 単語を知らない人は、仮にそれらの単語が日常会話に出てきても、そもそもそれに気がつきません。ですから、「これはネイティブは使わないから」なんて言って、知りもしない単語を勉強しないのは、本当にもったいないことです。

 

英検2級(センター試験)レベル【約5000語】

 

 最低限英語は理解できて発信できるようになりたい…という方はまずはセンターレベルを目標にしてみてください。このレベルの単語は、英語を最低限使うには必須のものばかりです。頻出を超えて「超頻出」と言っても良いほどです。

 私は英語を勉強し始めてすぐに、「システム英単語」を使い、このレベルの単語を暗記しました。

 

 5000語レベルでは、新聞やニュースはほぼ読めませんし聞けません。でも、ネイティブがすごくゆっくりとしゃべってくれれば、それなりに相手の言っていることがわかりますし、自分の言いたいことも言えるようになります。

 

英検3級(中学)レベル【約2000語】

 

 本当に初歩の初歩。中学校のテキスト程度の英語を理解することを目標にするのなら、2000語で十分こと足ります。「実用的」という観点からは不十分ではありますが、英語を「趣味として」楽しむのであれば大丈夫でしょう。

 

〜2000語で話せるか?〜

 たまに「中学程度の単語力でも話せる」みたいなことを聞くことがありますので、私なりの意見をここで書いておきます。

 

 単刀直入に言うと、「2000語の語彙力でも何でも話せる」のは本当です。でも、普通の人にはできません。

 なぜなら、込み入ったことを話そうと思えば思うほど、難しい単語を使った方が簡単に説明できてしまうからです。

 

 例えば、「心の葛藤」を表現しようと思った時、remorse(葛藤)という単語を知っていれば簡単です。

 I felt remorse.と言えば終わりですから。

 でも、もし2000語の語彙力で、それを的確に表現しようと思ったら…。I have a strong feeling of being sorry for having done something very bad.なんて言わなければいけません。

 

 英語力がそこそこある人ならできるでしょう。でも、私の感覚から言って、2000語しか単語を知らない人が、ここまでしっかりと基本語彙と正確な文法を駆使できるとは思いません。

 

 基本語彙だけ一気に覚えて、後は純粋な英語力を向上を目指すというのもありです。理屈上、それでも十分に話すことはできるはずです。

 でも、普通の場合は、その過程でもっと難しい語彙も覚えてしまいますから、実際に2000語だけを使って流暢に話す人というのは非常に少ないのではないでしょうか。

 上級者が意図的に単語のレベルを落として話すのと、初心者が同じレベルの単語を使って話すのでは、全く別のものだと考えるべきです。


短期集中コース開催のお知らせ