英語上達に独学が不可欠な「理由」と3つの「メリット」

英語学習で「独学」は必須です。

英語学習は、知識の「理解」と「定着」の二つに分けられます。そして、英語学習において、これら両方がなくてはなりません。

その中でも特に、英語の知識を「定着」させるフェーズにおいて、独学は大きな効果を発揮するのです。

 

1)時間の確保ができる

まず、独学をしている人は、「定着」のための時間を十分に確保しています。

英語学習において、「理解」よりも「定着」の方がずっと時間がかかります。「理解」にかかる時間が1だとしたら、「定着」には99の時間がかかる、くらいの気持ちでいてください。

そして、その99の時間を「定着」のためにちゃんと確保するためには、英会話学校などのレッスンに加えて、しっかり自ら学ぶ時間を確保する必要があるのです。

 

2)けっきょく自分でやるしかない

また、「理解」したものを「定着」させるには、それをたくさん読んで、聞いて、書いて、話さなければなりません。これらすべてはあなた自身がやることであり、他の誰かが代わりにやってあげられるものではありません。

英語の先生から学ぶべきことは、あくまで「理解」のきっかけです。先生は「理解」を助けてはくれますが、それを「定着」させるところまでやってくれません。

「理解」した知識を「定着」させるには、結局のところ、自分で学ぶ必要があるのです。

 

これが、英語を習得するためには「独学」が必要な2つの理由です。

 

ここではさらに、独学で勉強する3つのメリットについて見ていきます。

①インプットがたくさんできる
②アウトプットがたくさんできる
③お金がかからない

 

①インプットがたくさんできる

 

独学は、たくさんのインプットができる学習スタイルです。

逆に、誰かに教わるというのは、インプットの量がとても限られてしまう英語の勉強のやり方だとも言えます。

 

例えば、「グループレッスン」の場合、しっかりと授業が組み立てられていれば、知識はある程度効率よく入ってきます。

しかし、授業はクラス全体、あるいはテキストに合わせた進め方になるため、「自分が既に知っていることについて、先生が延々と説明する」ということもしばしばです。

 

そのような意味では、「個別レッスン」の方が、必要な知識をインプットする量は多くなります。

ただ繰り返しにはなりますが、先生が教えてくれるのは、あくまで「理解」のきっかけであり、それでインプットが完了するわけではありません。そこだけは注意してください。

 

英語の上達には、大量のインプットが不可欠です。なぜなら、正しい知識の土台がなければ、英語を正しく理解することも、発信することもできないからです。(知らない英文は読んだり聞いたりできないし、知らない英語は自分で書いたり話したりできない、ということです)

ですので、必ず独学を通して、しっかりと知識のベースを作りあげてください。

 

②アウトプットがたくさんできる

 

独学は、たくさんのアウトプットができる学習スタイルです。

「英語のアウトプットをする場がないから、英会話学校に行く」と言う人は多いです。でも、本当にそうでしょうか?むしろ一人でいるときの方がずっと効率よくアウトプットが出来ると、僕は考えています。

 

誰にでも、ネイティブと話していて、「言いたいことはあるけど、何て言えばいいかわからない」と思った経験があるはずです。そんなとき、あなただったらどうしますか?

①相手に迷惑をかけないために、中途半端にしか自分の考えを伝えられずに終わる。②あるいは自分が言い切る前に、相手が察してくれて、会話がそのまま進んでいく。

残念ながら、相手と会話をしている以上、このどちらかのパターンにはまってしまうことがほとんどです。

 

そして、英会話がまだ苦手な人ほど、”Really?”と”Yes”しか言えずに、貴重なネイティブとのレッスンの時間が過ぎていってしまうのも、また現実です。

アウトプットができるはずの英会話レッスンで、アウトプットができずに終わってしまうのは、本当にもったいないことです。

 

だから、僕はスピーキングの練習は一人でもすることをオススメします。(もちろん、英会話学校と並行できるなら、それがベストです)。

一人でアウトプットの練習をすれば、からないことがあったらすぐに自分で調べられますし、新しい知識は納得がいくまで練習ができます。

詳しい勉強法はこちら

 

③お金がかからない

 

一般的に大手英会話学校の一回あたりの授業料は、大体5000~8500円です。

例えば、これらの英会話学校で、1時間のレッスンを2回受講したら、1カ月で安くても4万円、高いところならその倍近くかかる計算になります。

もし留学をするのであれば、語学学校に毎日通い、それに加えて航空券やホームステイの値段もプラスされるので、かかる費用はもっと高額になります。

 

しかし、独学であればほとんどお金はかかりません。

基本的な支出は教材費のみです。そもそも教材1つやりきるのも本気でやればそれなりの時間がいるので、年間数千円程度で済ませることも可能です。

 

さいごに

 

僕の経験上、自分の英語力を押し上げたのは、誰かに英語を教わったからでもなく、留学に行ったからでもなく、自分で机に向かってとことん独学をやってきたからです。

(実際、僕が半年でTOEIC350点から800点オーバーまで上げたときには、先生もいなければ、留学にもまだ行っていませんでした)。

 

ただ、これは「独学だけしていれば、それでいい」という訳ではありません。独学はあくまで「必須項目」であり、プラスαとしての留学も英会話学校も、あればそれに越したことはありません。

是非そのバランスを意識しながら、英語学習に取り組んでみてください。