基礎をとことんやれば、難解な英語も理解できる?

ここ1年ほど、大学受験を控えた方の英語をサポートしていて、気づいたことがあります。

それは、基礎をとことん固めると、応用の習得スピードが上がるということ。

 

応用ができるようになるために、基礎を飛ばすのは遠回り。応用レベルに手を伸ばすからこそ、基礎を突き詰めるのは、十分にありです。

 

ちなみにその方は、ほんの3ヶ月前までは、大学受験の問題はかなりハードルが高い状態でした。どんな角度からの解説があっても、大学受験の高度な文法にはなかなか歯が立たない、そのときはそんな段階でした。

ところが、ここ3ヶ月ほどの集中的な基礎トレーニングで、英語力に大きな変化が起こります。

今まで全く手に負えなかった大学受験のテキストも、その問題の一部が自力で解けるようになり、僕が解説をすればそれを1回で理解し、しかも一度そうやって解説したことはもうほとんど忘れなくなったのです。また、穴埋めの問題であっても、何も見ないでノートに全文を再現できるようになっていたのです。

1日2~3時間、多い時で10時間、継続的に基礎文法のトレーニングに取り組んでいました。

 

 

ちなみに、そのテキストは Grammar in Use Basic。いつも同じテキストの紹介でまたかーと思われるかもしれませんが、本当にそれくらい僕が心からおすすめしたいテキストなのです。

ちなみに Grammar in Use Basic の内容は、基本的に中学の英文法の内容です。(ただし、他のテキストとは比べものにならない数の例文と練習問題で、文法の繊細なニュアンスが身につくようになっています。)

 

基礎中の基礎(10段階でレベル2くらい)のテキストに取り組んで、大学受験の問題(レベル8くらい)が解けるようになる。普通に考えたらありえないかもしれません。

でも、英語だったらそれが可能になるのです。