英語の文法の覚え方。文法は復習しなくても定着できる。

英語の文法は復習するものではないと、僕は思っています。

実際、僕は今までほとんど文法の復習はしたことはありません。それでも、かなり細かい文法も含めて、文法はしっかり頭に入っています。

 

英語に触れる、文法が定着する

 

では、なぜ英文法は復習しなくても定着するのか?

それは、僕たちはいつも文法を理解しながら、英語を読んだり聞いたりしているからです。

 

英文法がわからなければ英語は理解できません。文法は英語のルールです。どんな英語も、このルールに則って作られています。だから、英語を読んだり聞いたりして理解するということは、「文法」を理解していることと同じことになるのです。

(もちろん知っている単語の意味から何となく文章の意味を想像するのではなく、しっかり「英文」の意味を理解するという前提です。)

 

つまり、僕たちが英語を使うということは、英文法のルールを何度も何度も繰り返し復習しているようなものなのです。

だから、英語の文法を一度頭に入れてしまえば、その文法はもうそれ以上復習する必要はありません。

 

一度英文法を学んでしまえば、それからは英語に触れれば触れるだけ、それらの英文法に出会うことになります。そして、それらの文法を英文の中に発見する度に「あのとき勉強した英文法だ!」と気づけるようになります。それが何回も繰り返されることで、文法は僕たちの頭に定着していくのです。

 

文法を復習するべき2つの例外パターン

 

でも何でもかんでも「文法は復習しなくていい」と思い込んでしまうのもダメです。

ここでは、文法を復習しなければならない2つの例外を紹介します。

 

①初めて英語に触れるケース

英語を本当にイチから始めるのなら、最初のうちはしっかり復習をする必要があります。

英語を始めたばかりの頃というのは、「10読んで1わかる」という状態。

この段階では、英語をしっかり処理することがまだできません。だから、英文を「処理」するプロセスで英文法を定着させるというのは難しいです

 

そのため、もしあなたがこのレベルいるとしたら、まず最優先にすべきことは英文を読んだり聞いたりすることができるようになること。そのためには、中学レベルの英文法は、復習に復習を重ねて、しっかりと知識の土台を作る必要があります。

そして、まとまった英文を理解できるようになったら初めて、英文を処理するプロセスで英文法を復習できるようになります。

▶︎中学英語をマスターするための勉強方法を見る。

 

②ほとんど出会わない文法を学ぶケース

さて、2つ目の例外のパターンです。

ほとんど出会わない英文法を学ぶときも、復習が必要です。

文法を復習しなくていいのは、英語にたくさん触れていれば、それらの英文法にもたくさん触れることになるから。でも、もしその文法がほとんど使われないようなもので、ほとんど出会うチャンスがないとしたら、「文法は復習しなくても大丈夫」とも言っていられません。

 

どんな英文にも文法要素はたくさんある

 

以下の英文を見てください。

Learning a new language can be tough, but there are certain techniques that you can follow to learn any language.

動名詞、冠詞、助動詞、接続詞、there is 構文、関係代名詞、不定詞…ざっと目を通しただけでもこれだけの文法の要素が、この短いたった一つの英文に詰まっています。

※ちなみに、この英文は僕が作ったものではなく、たまたま目についた英文を引用したものです。

 

毎日の生活で英語に触れる中で、僕たちはこんな短い英文より、もっともっとたくさんの英語に触れていきます。

もしPodcastを10分聞いたら、新聞記事を1つ読んだら、あるいは映画を2時間観たら…一体どれくらいの英語に触れられるでしょうか。

 

まとめ

 

さて、ここまで「英文法の復習はしなくても大丈夫」という話をしてきました。

でも、僕は「英語はやらなくてもいい」というつもりはありません。

あくまでたくさんの英語のインプットとアウトプットを繰り返していれば、英文法の復習は特にする必要がないということです。

 

もしかしたら、復習しなくてもどんどん英文法が身についていく感覚に、あまりピンとこない方もいるかもしれません。

そんなときは、今よりも少しだけ、英語に触れる量を増やしてみてください。

英語に触れる量は、多ければ多いほど、同じ文法にたくさん出会えるようになります。そして、いろんなシチュエーションで使われる文法に触れることで、テキストで学んだ知識はどんどんと深いものになっていきます。

その感覚をリアルに体感できれば、きっと文法の学習はずっとラクなものになるはずです。