英語をやると決めたら、期限までは絶対に諦めない。

 英語ができるようにならない理由は、大抵の場合至ってシンプルです。

 ほとんどの人が、単純に努力を継続しないのです。おそらく努力をしたいという気持ちはあるのだとは思います。ただ残念ながら、それは実行に移さない限りそれは「希望」でしかありません。本当に単純すぎる話ですが、ただ努力を実行に移せないが故に、ほとんどの人が英語を上達させることができないのです。

 

 しかし逆に言えば、努力する人は必ず成功するのが英語の世界です。本当です。少なくとも私は、「しっかり努力をしているのに」英語が下手なまま悩んでいるような人は見た事がありません。でも、これほど単純なことなのに、英語を上達させることができない人がほとんどなのです。

 

まずはどうやって実行に移すか

 

 私は、頑張って英語を上達させたいと本気で思っているのに、くすぶっている人を見ると、とても複雑な気持ちになります。やればできるのに、やらなくて悩んでいるからです。

 まずはこの落とし穴から抜け出さない限り、英語を上達させることは絶対にありません。だからまずは、英語上達の第一歩として、「なんで英語ができるようにならないんだ」なんてグダグダと考えてないで、実際に勉強することから初めてください。勉強に実際に手をつけない限り、いくら悩んでも可能性はゼロだからです。

 

 しかし、こんなにもわかりきっていることを目の前にしても、私たち人間はなかなかそれを実践に移せないものです。きっとそれは、英語の結果はすぐには出ないし、それは目に見えないものだからでしょう。

 

 私自身何度この現実と葛藤したかわかりません。今でこそ、ある程度英語ができるようになった自分に対する自信のようなものがありますが、昔はそんなのありませんでした。上達するかもわからないまま、ただひたすらに前に進んだだけです。でもそれがこうして、今の自分へと続いているのです。

 

「○○までは諦めない」という目標を持つ

 

 人は期待下通りの結果が来ないとやる気を著しくなくす傾向があります。だから、すぐに肩を落とさないことが重要です。まあそんなのは当たり前だと言われそうですが大事なことです。

 英語を継続するために、そして、すぐに脱落しないためにも、英語は決して生ぬるいものではないということは覚えておいてください。自分が日本語を習得したときと同じように、大した努力も無しに英語が習得できるなんてことを考えていては、すぐに挫折してしまうからです。常に現実志向でいるべきです。

 

 ただ、どんなに英語がつらいとわかっていても、挫折というものは訪れます。冷静に考えてみてください。大した目に見える成果もないことを、ただひたすらと毎日繰り返すことがどれだけ苦痛か。生半可な精神力ではとても英語の勉強なんてものは継続できたものではありません。

 

 だから、必ず英語の学習に期限を設定してください。

かなり遅くなりましたが、ここが今回の話のミソです。

 

 ここで言う期限とは「○○までにこれをやりきる」というものではありません。そうではなく、「○○までは何があってもやり続ける」というものです。

 結果が見えにくいからこそ、自分の決めた期限までは何が何でもやりきるという決意が必要なのです。そして、決めた期限まではどんなに結果がでなくても、どんなに勉強がきつくても諦めないでください。

 

このブログに沿う限り、道を大きく誤ることは絶対にありません。

 

 もしあなたが、私のブログに書いてある学習法を正しく実践し、毎日2時間以上も勉強することができれば、数か月後には必ず目に見える結果が見えてきます。

(もちろんこれは勉強を始めた時のレベル、1日にとれる勉強時間によってかなり差がありますが)

 実際に私は今思えばかなり効率の悪い方法で、試行錯誤しながら1日5時間勉強して、その結果半年でTOEICの点数を約500点伸ばしました。何もわからない私でも、がむしゃらにひたすら勉強を続けてこれだけ点数が伸びたのです。

 

 でも今このブログを呼んでいるあなたは違います。少なくとも、当時の私よりも格段に成果を出しやすい環境にいるはずです。

 なぜなら、このブログでは、私が今まで試行錯誤してきた学習方法の中で、特に成功したものや、効果が高かったものだけを、できるだけを、できるだけ事細かに紹介しているからです。これらの学習方法の中には、英語のプロが実際に使用しているものたくさんあります。

 だから、覚悟をもって、自分が定めた期限まで精一杯努力してください。このブログ沿って学習する限り決して的外れな方向には進むことはありません。もしこのブログが、あなたが不安を捨て、努力をすることだけに専念できることの一助になれたら幸いです。