スピーキング力は、オンライン英会話の「予習」で伸ばす

スピーキング力を上げるためには、オンライン英会話のレッスンに加えて、効果的な「予習」が不可欠です。

ここでは、オンライン英会話を使う際に、僕が心がけていること、特に「予習」にフォーカスしてお話しします。

 

 

レッスン直前は、スピーキング力向上のチャンス

 

オンライン英会話の直前の時間は、スピーキング力を伸ばす最高のタイミングです。

理由は2つです。

 

①英語を話さなければならない状況が差し迫っている。
②英語で話す内容がわかっている。

 

英語を話さなければならない状況が差し迫っているから、準備しないわけにはいきません。英語で話す内容がわかっているから、準備をするべき内容がわかります。

レッスンで話したい内容で、必要だけれども知らない単語があれば、調べればいいんです。それが口からこないなら、繰り返し練習して、出てくるようにすればいいんです。

 

だから、オンライン英会話の直前は、スピーキングのトレーニングをするにはもってこいの環境が揃っているのです。

 

 

ところが、僕たちの普段の生活ではどうでしょう?

①英語を話す必要性がない。
②話す機会があっても、何を話すことになるかわからない。

 

英語を話す必要がないのに、英語を話す練習をするって、実はすごくリアリティがなくてやりずらいのです。

ましてや、話す機会に恵まれても、これから何を話すかわからないなら、準備のしようがないのが現実です。(会話をする相手も人間なので、話題が何にになるかは、話してみないとわかりません)

 

だから、オンライン英会話の直前のタイミングを、僕たちは精一杯生かしていくべきです。

この「話さなきゃならない」というリアルな切迫感を最大限生かして、スピーキングのためのトレーニングをしてみてください。

 

 

レッスンの直前にすべきこと

 

僕たちが、レッスンの直前にすべきことは、「レッスンで話す内容が、話せるようになるトレーニング」です。

 

では、話せないことが話せるようになるために「必要なもの」とは何か?それは、この2つです。

①知識を入れること(インプット)
②知識を使えるようにすること(アウトプット)

 

あまりに単純に聞こえるかもしれません。

たしかに「英語を話せるようになるためには」という議論はいろいろされてはいます。でも、とどのつまり、誰もがこの2つのことしか言っていないのです。

 

 

さて、話を戻します。

先ほど、英語を話すために必要なことは2つしかない、と言いましたが、裏を返せば、英語が話せない理由もまた、2つしかありません。

 

①言葉を知らない
②言葉を知っててもそれが出てこない

言葉を知らないなら、インプットが必要です。
言葉を知っててもそれが出てこないなら、アウトプットが必要です。

 

英語を話すためには、それに必要な知識を「インプット」して、それを使えるように「アウトプット」を繰り返す、その2つだけをしっかり繰り返していく必要があるのです。

 

 

具体的にどうやっていくか

 

では実際に、どうやってトレーニングをしていくか。まずはアウトラインから見ていきます。

 

レッスンのトピックを決める

1人で話してみる(アウトプット)

言えないことにぶつかる・調べる(インプット)

1人で話してみる(アウトプット)

くりかえし

 

こうやって書いてみると、とてもシンプルです。でも、このサイクルだけで、スピーキング力に必要な要素はしっかりカバーされているんです。

 

 

では、もう少し具体的に見ていきましょう。

 

例えば、こんなことが言いたいとします。

「僕は今朝とても早く目が覚めたが、起き上がりはしなかった」

 

ここの難しいところは、「目が覚める」と「起き上がる」の使い分けです。もし、ここで詰まって言葉が出てこないなら、①のパターン。単語がわからないから出てこない、つまりインプットが必要な状態です。

 

そうとわかれば、さっそくインプットです。

辞書でもネットでも大丈夫です。自分の言いたかったことを、英語で何て言うのか調べてみてください。

 

そうやって調べてみると、こんなフレーズが出てきます。

目が覚める = wake up
起き上がる = get up

ここから、さらにこれらを使って、さっき言いたかった文章を作ってみます。

I woke up this morning very early, but I did not get up.

そうすると、こんな感じになります。

 

自分が言いたいセンテンスを、しっかり知識として自分の中に取り入れる。ここまでがインプットです。まずはここをクリアするのが第一段階です。

 

 

では、これさえ覚えれば、この文がスラスラ出てくるか…と言われれば違います。なぜなら、まだ実際に口に出したことがないから。そうです、この段階では、アウトプットをまだやっていません。

つまり、②のパターン。言いたいことはわかってるけど、それが口から出てこないのです。

インプットをした知識も、アウトプットを十分に繰り返していなければ、スムースには出てきません。

 

同じことは、プレゼンの練習でも言えます。

例えば、明日発表のものすごく重要なプレゼンを任されたとしたら、皆さんはどうしますか?きっと必死に練習すると思います。1回や2回じゃないはず。たくさんたくさんリハーサルをするはずです。

なぜなら、頭で話す内容をわかっていても、それが口からスラスラと出てこないことを、僕たちは知っているからです。

 

英語も同じです。

わからないフレーズを調べただけじゃ、話せるようにはなりません。まだまだアウトプットが足りないからです。だから、アウトプットが必要なんです。

 

もし状況が許すようであれば、試しにさっきの英文を、10回ほど音読してみてください。

I woke up this morning very early but I did not get up.

…どうでしょうか?

もしかしたら、この10回だけで、完璧にこの英文を覚えてしまった人もいるかもしれません。あるいは、覚えるとまではいかないかもしれません。でも、少なくとも1回目より、ずっとスムースに読めるようになっていませんか?

 

ここまでみなさんに体験していただいたことが、「インプットとアウトプットを繰り返す」ということです。

そして、この連続こそが、英語で言えないことを言えるようにする、というプロセスなのです。

 

 

まとめ

 

繰り返しにはなりますが、スピーキング力を上げるためには、オンライン英会話「だけ」でなく、その予習にもフォーカスすることが必要です。

そして、その予習でするべきは、インプットとアウトプットの繰り返し。

オンライン英会話だからこその緊張感を利用して、毎日のレッスンの直前に、ぜひスピーキングの練習を取り入れてみてください。

 

※DMMオンライン英会話の無料体験レッスンは、下記リンクから2回まで受講できます。


英会話