英語のリスニングの勉強方法

リスニングができない5つの理由

 私たちが、「リスニングができない」というとき、その理由は以下の5つに分解することができます。

①文法がわからない。
②単語がわからない。
③英文処理が追いつかない。
④背景知識がない。
⑤音が文字と一致しない。

 リスニングの能力というのは、一概に「音」に関するトレーニングだけで構成されているわけではありません。むしろ、リスニングで最も注目される「音」が占める割合は、たったの5分の1に過ぎないことが、上の分類からわかるはずです。

 

リスニングの2つの側面

 

 リスニングの勉強法というと、どうしても「聞く量を増やしさえすれば…」と私たちは考えがちですが、それはリスニングに2つ目の側面があることを見落としているからです。リスニングには以下の2つの側面があります。

 

①意味を理解する側面
②音を聞き取る側面

 

 リスニングとは、音が聞き取れるだけでは何の意味もありません。その音を聞いて、「意味が理解できて」初めてリスニングができるということになるからです。

 

リスニングは聞くだけじゃ伸びない

 

 つまり、リスニング能力を向上させようと思ったら、「音」を聞き取る練習だけしていてはいけないということです。ところが、従来のリスニングの勉強方法は、ひたすら「音」にばかりこだわってきました。

 どうやって単語が発音されるのか、どのようにそれらの単語が繋がって聞こえるのか、などなど。

 

 しかし、繰り返しにはなりますが、リスニング力をつけたければ、従来のリスニングの勉強にばかりこだわってはいけません。文法も単語も、読解力だって、リスニング力を向上させる大きな助けになります。そしてもちろん、英語圏の文化に対する背景知識もあるにこしたことはありません。

 リスニングに限った話ではありませんが、英語力におけるそれぞれの「読む・聞く・書く・話す」能力は、密接に関連しています。それぞれの英語の4技能の勉強は全てリスニング力の向上に寄与しますし、その逆も然りです。


large_6023268510
 

 

読めないものは聞けない

 

 英語のそれぞれの技能が密接に関わり合っていることは既に説明した通りですが、リスニングの場合は特に、リーディング力との関連が強いです。

 見方を変えるなら、「読めないものは聞けない」と言えます。これは、例え音がわかっても、その英文を読んで理解できなければ、リスニングは成り立たないということです。

 逆に、文字と音が一致する前提では、「読めるものは全て聞ける」ということです。

 

 もし今あなたの目の前に英文があったとすれば、それは文字で書かれているため、何回もそれを読み返しながら、時間をかけて読むことにトライできます。

 でも、もしあなたがその英文を読めなかったとして…果たしてそれが音声で流れてきたときに聞きとれるでしょうか?正確にリスニングをして意味を理解できるでしょうか?

 

 私たちは学生のころから、文字媒体で英語を勉強してきていますから、読めない文章は絶対に聞けません。まず音声を私たちが知っている文字に一致させなければならず、しかも高速で読み上げられる英文を一発で理解しなければならないのですから、これは当然のことです。

 

リスニングの基礎リーディングにあり

 

 ですからそういう意味で、「リスニングの基礎リーディングにあり」ということになります。

 リーディング力があって、尚かつ文字と音声が頭の中で一致するのであれば、その人は英文が音声で流れてきても確実に聞き取れます。


large_2843144877
 

 

リスニングの4つの勉強方法。

 

 リスニングの具体的な勉強法は大きく4つに分けることができます。(細かい勉強法も含めると8つになりますが)。

 

 ここまで繰り返し説明してきた通り、リスニングを向上させるためには、総合的な英語力の底上げが不可欠です。そのため、こちらで紹介している勉強方法は、あくまで「音声を使った学習方法」という位置づけで捉えてください。

 これら4つの勉強方法だけでリスニング力が劇的に伸びるという類のものではなく、これらを含めた総合的な英語学習の過程で、リスニング力の向上があるからです。

 

①音読

 文字通り音読です。声に出して英語を読むトレーニングで、文字と音を一致させることが目的です。音読から派生する勉強法として「リード&ルックアップ」や「リピーティング」があります。

 

②シャドーイング

 英語の音声に続いて、「影」のように自分も発音しながら英文を追う勉強法です。シャドーイングでは少しタイミングを遅らせながら発音していきますが、「オーバーラッピング」では、英語の音声と全く同じペースで英文を読み上げていくことになります。

 

③リプロダクション

 リプロダクションは、一度読まれた英文を「再構成」する勉強方法です。一度で英文を記憶して、それを口頭で再現するという意味では、スピーキングの練習とも非常に相性が良い勉強方法です。

 

④ディクテーション

 読まれる英文をひたすら書き取る勉強方法です。これの準備段階として、「音読筆写」という勉強方法も試してみてもいいかもしれません。

 

 それぞれのトレーニングには必ず、「目的」「効果」があります。

 これからのトレーニングの紹介の中で、それらを明確に示していくので、それを常に意識しながら、リスニングのトレーニングに励んでください。