英語学習の優先順位の決め方

本気で英語を上達させようと思ったら、その勉強量の多い少ないに関わらず、英語を「全てに優先させる」覚悟が必要です。

本気で英語を上達させようと思ったら、英語学習の時間を確保しなければならないのは、言うまでもありません。なぜなら英語は勉強せずに上達することはありえないからです。

そして、その時間を確保するためには、英語学習に対する優先順位を確保することが必要です。つまり、英語の勉強を第一優先に日々の生活を送るということです。

 

まずは必要な英語学習の時間を確保する

 

「英語を最優先にする」というのは、何も「寝ている時間以外は全て勉強に使ってください」と言っている訳ではありません。

自分の目標に応じて必要な勉強時間を、まずはスケジュールに「最優先」で入れてくださいということです。

別にそれが10分でも1時間でも、10時間でも構いません。勉強量の多い少ないに関わらず、本気で英語を上達させようと決めたのなら、目標に到達するために必要な学習時間を確保しなければなりません。

 

第二優先じゃ、足りない

 

私の経験上、英語を第一優先にするのと、第二優先にするのでは、その勉強量に圧倒的な差が出ます。

英語を第一優先にするということは、自分が予定した学習時間をどんな状況であっても確保するということです。つまり、全てにおいて英語学習ありきで日々のスケジュールを組み立てるということです。

しかし、英語を第二優先、第三優先にするとどうでしょう。大抵の場合、予定していた学習時間は確保できずに、どんどん削られていきます。

このような状況では、英語は必然的に、「余った時間」でやらざるを得なくなり、最悪の場合、一切勉強をすることができないまま毎日の生活を送ることになりかねません。そして結果として、ほとんど英語には手がつかないような状態になるのです。

 

さいごに

 

ここまでは、英語を「本気」で上達させたい方たちに向けてお話をしてきました。

もしあなたにとって、英語がそこまで大事でないのであれば、それを最優先にする必要なんて全くありません。人にはそれぞれ大切なことがあって、優先すべきことがあるからです。

しかし、あなたが今、本当に英語を上達させたいと思っているのなら、自分で必要だと思う英語の学習時間を、何としてでも確保する覚悟を決めてください。

それがなければ、何も前には進みません。