「英語は日本語訛りのままでいい」なんてことはない

「日本人には日本人の英語がある。
 だから、日本人の訛りを恥じることはない」

 

この考え方も間違ってはいません。ただ、非常に誤解を生む表現の仕方だと私は考えています。

日本人の発音の話になると、必ず一定数、こういう切り口で日本人の悪い発音を正当化する人たちがいます。しかし私は、ノンネイティブであろうとも、標準となる英語(アメリカ・イギリスなど)の発音に近づける努力をするべきだと考えています。

 

音声として理解されなければ意味がない

 

どんなに正しい文法を使おうとも、
どんなに高尚な言い回しをしようとも、
どんなに伝えたいことがあろうとも、
それは正確な発音無しに相手に伝わることはありません。

 

つまり、他の部分の完成度がいかに高かろうが、最後の最後、自分の口でそれを相手に伝える段階で難があれば、何の意味もないということです。

ですから、コミュニケーションをとるために英語を使うのであれば、決して発音を軽視するようなことはあってはいけません。どれだけ英語が上達しようとも「どうやったら相手に正確に伝わるか」には、常に気を使うべきです。

 

恥ずかしくてネイティブっぽく発音しない

 

恥ずかしくてネイティブの発音を真似をしない人がいます。少なくとも私の学生時代の記憶を遡れば、「恥ずかしいからとりあえずカタカナ英語でやり過ごす」「ネイティブっぽく発音しようとしてる人を笑う」なんて雰囲気が教室にはありました。

しかし、相手に伝える努力のないカタカナ英語ほど無意味なものはありません。英語を勉強するつもりがないのであればそれでも全く問題ないのですが、もしあなたが本気で英語を勉強して、人と会話をしようとするのであれば、それは困ります。

 

もちろん英語を勉強したての頃は、うまく発音できなくてあたり前です。自分の発音の下手さに嫌気がさすこともあるでしょう。でもそれは、誰もが通る道です。それまで話したことのない言語を、いきなり完璧な発音で話そうとする方が不可能な話だからです。

それでも、真剣にネイティブの発音を聞いて、それに近い音を発音しようとする努力は、どれだけ英語がうまくなろうとも、誰もがするべきだと、私は思っています。

私自身、自分の発音が完璧からは程遠いものだと自覚しています。だからこそ、しっかりとネイティブの発音に近づけるために必要な努力はしなければならないと、常に心に留めています。

 

世界標準はあくまで主要英語圏

 

「誰もが文法を守っている限り、正確な意思伝達ができる。だから、その人の国独特のクセが英語に混ざったって問題ない。英語はもはや世界共通語なんだから」

確かに、これも一つの考え方です。

 

しかし、こと発音に関して言うのであれば、どんな言語を母国語にする人であろうとも、主要英語圏の発音に近づける努力をするべきです。

※私がここで言う「主要英語圏」とは、アメリカ、イギリスなどの、誰もが認知することができる英語をメインで話す国々を指します。

 

発音の「基準」がなくなってしまえば、個人はそれぞれ独自の発音で好き勝手話すことになりますが、もし仮にそんなことが起こったら大変なことになります。

英語が世界共通語でいられるのは、そこに世界共通のルールがあるからです。そして、発音もその例外ではありません。誰もが共通認識として持つ「標準」があるからこそ、世界中の人々が英語で意思疎通をできるのです。

それにもかかわらず「日本人には日本人の発音があるのだから、その日本人訛りを直す必要はないんだよ」と言ってしまえば、肝心なコミュニケーションがおざなりになります。

みんなで共通の言語を通してコミュニケーションしましょうねと言っているのに、私たちには私たちにの英語がある!なんて言ってしまうこと程乱暴なことはありません。