英単語の効果的な復習のやり方

 この記事では、30分に約300個の英単語を復習する方法についてご紹介します。

 

 英語を学習する人は、単語をいかに忘れないか、例外無く頭を悩ませまた経験を持っているものです。

 英語を勉強しながら、英単語を覚える作業をしたことがあるのなら、その作業がいかに辛いかを知っているはずです。何がつらいって、どれだけ一生懸命単語を覚えても、びっくりするくらいにすぐに忘れるから辛いんです。

 でも、どうやら忘れてしまうことについては、もう諦めた方がいいのかもしれません。冷静に考えて、忘れない方が無理な話だからです。

 

忘れるものは忘れると受け入れる。

 

 じゃあどうするか。

 それはもうヒトは忘れる生き物だということを受け止め、忘れてもひたすら復習するしかありません。覚えても覚えても忘れるなら、もはや忘れる前に復習してやるくらいの気持ちがちょうどいいものです。

 

 しかし、どうせ英単語を復習するなら、効率よくやった方が良いのは当たり前です。英語の単語を覚えるのは、英語学習においては大切かもしれませんが、誰も単語が覚えたくて英語を勉強している訳じゃないからです。

 だから、英単語なんてのは、必要な分だけさっさと覚えてしまうのが得策です。

 

 ここからは、どうやったら英単語を効率よく復習できるのか、という観点からお話ししていきます。

 これは私が実際にやっていた方法で、30分のランニングしている間に、ボキャビルをしていた当時は、約300単語近くを一気に復習していました。

 しかし、ここに紹介するのは、そんな英単語の復習の仕方の一例です。是非みなさんご自身で、自分なりの方法を作り上げてください。

 

用意するのはスマホ1台。

 

①まず、ボイスレコーダー代わりに、スマホを用意してください。

②次に、既に一通り覚えた単語帳の中から、忘れてしまったもの、あるいはちょっと不安なものに印をつけていきます。

③印をつけた単語の例文の中から、その単語を含む最小単位(あるいはそれ以上でも構いません)を囲い込んでください。

例)We apologize for your inconvenience and (thank you for your patience).

例)We were caught in (a sudden shower).

④そして、「選んだ単語+抜き出したコロケーション」を録音します。


⑤単語帳を使って復習するのと同時進行で、録音した音声を隙間時間にひたすら聞きこんで覚えてください。

 

 このやり方だと、1単語につき大体3~5秒で復習ができるので、空いた時間を無駄にしないで徹底的に活用できるところがメリットです。実際私は、留学中にも1日30分のランニングをしていて、その間はずっと直前に録音した英単語を延々と聞いていました。

 そして、このやり方の良い所は、この音声を聞いている間は常に頭がフル回転していることです。つまり、初めに単語が聞こえたときに、次に何のフレーズが来るのかを予測しながら聞くのです。

 これはかなり集中力を使いますが、これができてしまえば、その単語は覚えたようなものです。

 是非ボイスレコーダーを使って、自分なりにやりやすいよう工夫してみてください。